ダイエットするなら、味噌がおすすめかも?

日本料理には欠かせない、伝統食品

みなさん、お味噌汁飲んでますか?

今回は、ダイエットするなら、味噌がおすすめかも?をお届けいたします。

味噌は、大豆や米、麦などに塩と麹を加えて発酵させる日本の伝統的な調味料ですね。

味噌には、たんぱく質、脂質、炭水化物、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅などのミネラルや、ビタミンB群、食物繊維、イソフラボンなど多くの栄養素や成分が含まれています。

また、麹菌が生み出す酵素によってオリゴ糖などが作り出されることで、腸内環境がよくなったり、疲労回復美容にも関連しているとされています。

これだけでも、味噌ってすごい!と感じますが、これまでに発表された研究の中には、味噌の摂取によって、肥満抑制効果が期待できると報告しているものがあります。

この報告では、ヒトの1日あたり味噌20g程度の摂取に相当する量をマウスに与えることで脂肪細胞の変化を観察していました。

味噌20gは、大匙1と少しの量、つまり、味噌汁2杯程度の量ということになります。

味噌の食べ方は、味噌汁だけではなく、魚の味噌漬けや、味噌煮、味噌炒め、味噌だれなど、いろいろあります。

味噌汁を作るのは面倒、という方もいらっしゃるかと思いますが、上記の研究報告ではフリーズドライの味噌も使っています。

ということで、時間がない時などは、フリーズドライの味噌汁にしてみるも良いかもしれません。

時間があるときは、美味しい出汁をとって、具材を選び、香りのあるネギや三つ葉などを加えるもの美味しそうです。

お味噌汁や味噌を使った料理を取り入れることで、健康だけでなく、ダイエット効果も期待できるかもしれません。

毎日美味しいお味噌汁を楽しみたいですね♪



=============================

栄養学の基礎がしっかりと学べて、家庭や職場で役立つ正しい知識が身につく「栄養検定【通信・WEB講座】」の受講もオススメです。

栄養検定【通信・WEB講座】はこちら

日本栄養検定協会では
毎週月曜日、午前8時に栄養や食についての情報を発信中です♪
ご登録いただけましたら、毎週じっくりとお楽しみいただけます^^

こちらからご登録くださいね!

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録は
こちら

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録はこちら

=============================

タグクラウド
ビタミン 抗酸化作用 ミネラル ダイエット 腸内環境 ポリフェノール 疲労回復 食物繊維 糖質 カルシウム たんぱく質 認知症予防 ほうれん草 炭水化物 野菜 亜鉛 バランス 葉酸 お酒 エネルギー 高血圧 コレステロール 熱中症 果物 牛乳 豆乳 カニ 低カロリー 牡蠣 納豆 免疫 花粉症 ホタルイカ セカンドミール効果 豆腐 アスパラガス アミノ酸 お弁当 オメガ3 青魚 脂質 添加物 血糖値 手作り βカロテン スイカ ブロッコリー ひじき ヨウ素 白菜 春野菜 餃子 新玉ねぎ 貧血 アルコール 副菜 大根 消化酵素 人参 冷え性 デトックス カロリー ブルーベリー メタボ 梅干し インフルエンザ 動脈硬化 ウロリチンA アンチエイジング いちご 海苔 セロリ オートファジー バナナ キクラゲ 味噌 春キャベツ ウルトラプロセスフード タケノコ サワラ DHA EPA 抗炎症作用 カレイ タウリン プロテインドリンク 成長 味噌汁 塩分 もやし アスパラギン酸 サプリメント 喘息 ストレス緩和 トマト 肥満 ヨーグルト 5月病 おにぎり 野菜スープ 果糖 らっきょう 整腸作用 みりん うまみ ゴーヤ ニガウリ うなぎ ケルセチン 玉ねぎ ピーマン ビフィズス菌 いちじく カレー ぶどう レスベラトロール イモ りんご スープ 手作り料理 シークワーサー お正月 黒豆 生活習慣病 ナス
アーカイブ
資料請求(無料) メルマガ登録(無料)