からだに一番いいヨーグルトはどれだ?

ヨーグルトの種類と選び方

みなさんは、ヨーグルトは食べていますでしょうか。
一口にヨーグルトと言ってもいろいろな種類があって分かりにくいですよね。
とりあえず、どれかを食べていればいいのでは?と、目に付いた種類を買っている方もいらっしゃるかもしれません。

私がヨーグルトはどれを食べたら良いですか?と聞かれた場合の回答は、
同じ種類を1~2週間ほど食べてみて、お通じなどに良い影響があるかも?と
感じたものが自分に合ったヨーグルトです、とお答えしています。

とはいえ、いろんな種類を試すも面倒。。(;’∀’)かと思いますので、
少しご紹介したいと思います。

市販のヨーグルトには、大きく分けて乳酸菌が入っているものとビフィズス菌が入っているものの2種類があります。
ビフィズス菌って乳酸菌の一種なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実は別の種類です。

ヒトの腸内細菌は、一人として同じ人がいないと言われています。

みなさんの腸内フローラは、さまざまな菌の種類で構成されています。
生まれる時に、お母さんの産道を通る時、最初にお母さんから細菌を受け取ります。
その後、食べたものなどから細菌を受け取っていきます。

住んでいる場所や環境によって受け取る菌種や量が違うため、一人ひとりが違う腸内フローラとなっているのです。

必ず人であれば持っているはずの菌は、ビフィズス菌です。

ビフィズス菌は、整腸作用があり、病原菌の感染や悪玉菌の増殖を抑制する働きがあると言われています。
そのため、どのヨーグルトを食べたらいいのか分からない!という場合は、
ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べるようにしてみることをおすすめします。

主なヨーグルトの商品ごとに使われている菌種を見てみると、

明治ブルガリアヨーグルト:
ブルガリア菌が使われているヨーグルト。
ブルガリア菌は、腸内に生息するができない菌です。
腸内の善玉菌のエサとなることで腸内環境を整えます。

森永ビフィダス:
ビフィズス菌が使われているヨーグルト。万人向けと言ってよいでしょう。

雪印メグミルクナチュレ恵:
ビフィズス菌の一種とガゼリ菌の一種が使われています。
整腸作用があり、悪玉菌を抑制する働きがあります。これも万人向けと言えます。

グリコbifix:
グリコオリジナルのビフィズス菌BifiX(ビフィックス)は、胃酸に負けない強いビフィズス菌です。

カスピ海ヨーグルト:
日本で唯一、クレモリス菌株を使用したヨーグルト。
この菌を使うことで、独特のねばり成分を生み出し、大腸まで生きて届きます。

ヤクルト ソフール:
ヤクルトと言えば!のラクトバチルス カゼイ シロタ株を使ったヨーグルト。
こちらも胃液や胆汁に負けず、生きたまま腸内に届きます。
また、ビフィズス菌などを増やす働きがあり、整腸作用や悪玉菌を減らすことが期待できます。

明治プロピオヨーグルトPA-3:
明治プロピオヨーグルトには3種類あり、一番有名なものは、R-1かと思いますが、
PA-3は、尿酸値の上昇を抑える機能性表示食品として販売されています。
菌種は、ラクトバチルス ガゼリPA-3 です。

ヨーグルトで使われている菌は、本当にさまざまな種類があります。
何が一番良いのかは、食べる人によって変わる、というのが正解
です。

ヨーグルトで大切なのは、実は、少量でも良いので毎日食べる、という習慣です。
なぜかというと、1食で食べるヨーグルトに含まれる菌数は、腸内フローラを構成している細菌数とでは大きな開きがあるからです。

一般に、腸内には100兆個の腸内細菌が生息しているとされています。
一方、私たちが1食に食べるヨーグルトはだいたい100g程度。
100gに含まれる菌数は、10億個と言われています。
腸内細菌の数と比較すると、食べる量で得られる菌数は0.001%にしかなりません。

つまり、ヨーグルトは腸内細菌の構成を変えるというよりは、毎日食べることで、からだによい菌が常に腸内にいる状態を作ることが大切、ということになります。
美味しく食べて、快調に過ごしたいですね♪



=============================

栄養学の基礎がしっかりと学べて、家庭や職場で役立つ正しい知識が身につく「栄養検定【通信・WEB講座】」の受講もオススメです。

栄養検定【通信・WEB講座】はこちら

日本栄養検定協会では
毎週月曜日、午前8時に栄養や食についての情報を発信中です♪
ご登録いただけましたら、毎週じっくりとお楽しみいただけます^^

こちらからご登録くださいね!

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録は
こちら

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録はこちら

=============================

タグクラウド
ビタミン 抗酸化作用 ミネラル 食物繊維 腸内環境 ポリフェノール ダイエット 疲労回復 たんぱく質 炭水化物 糖質 カルシウム コレステロール アミノ酸 腸内細菌 タンパク質 ビタミンC クエン酸 葉酸 オートファジー 血糖値 亜鉛 お酒 エネルギー 果物 認知症予防 レスベラトロール ほうれん草 ヨーグルト ビフィズス菌 動脈硬化 DHA 食品添加物 アスパラギン酸 黒酢 不飽和脂肪酸 オリゴ糖 EPA いちじく メタボ ケルセチン ブロッコリー 生活習慣病 高血圧 アルコール バランス βカロテン 熱中症 野菜 脂質 カロリー 牡蠣 ニガウリ ピーマン 玉ねぎ うなぎ ゴーヤ 果糖 みりん 整腸作用 らっきょう 野菜スープ おにぎり 5月病 うまみ カレー スープ ぶどう イモ りんご 抗酸化 手作り料理 シークワーサー お正月 黒豆 肥満 ウルトラプロセスフード 梅干し インフルエンザ ウロリチンA ブルーベリー トマト 冷え性 青魚 消化酵素 大根 副菜 貧血 アンチエイジング 人参 デトックス 白菜 ヨウ素 ひじき スイカ 春野菜 新玉ねぎ 餃子 添加物 牛乳 豆乳 カニ 低カロリー 納豆 免疫 花粉症 ホタルイカ セカンドミール効果 豆腐 アスパラガス お弁当 オメガ3 手作り いちご セロリ 酵素 飲酒 オリーブオイル ココナッツオイル きびなご サイリウム 指定野菜 スルフォラファン ガレット・デ・ロワ アーモンド セリ アミロペクチン 発酵食品 レモン スペルミジン 食事誘発性体熱産生 脂肪燃焼 単鎖脂肪酸 ごはん ヘスペリジン みかん レンコン 美肌 便秘予防 さつまいも ビタミンB12 不老長寿 免疫活性 グリーンピース アブラナ科 時間栄養学 免疫力 イミダゾールペプチド 貧血予防 鉄分 乳酸菌 枝豆 フレイル サルコペニア シソ 甘味 さやえんどう 果糖ブドウ糖液糖 ケトジェニック 心疾患 朝食 腸脳相関 PFC シナモン クマリン 紅麹 食品表示 無添加 菜の花 糖質制限 海苔 β-グルカン レジスタントスターチ 老化防止 ポリアミン クルクミン 主食 食事のバランス 生姜 人工甘味料 ナス 喘息 サプリメント もやし 塩分 シトルリン 味噌汁 プロテインドリンク プロテイン タウリン カレイ 抗炎症作用 サワラ ストレス緩和 タケノコ 春キャベツ 味噌 キクラゲ バナナ 成長 しめじ パイナップル セルロース 全粒粉 アスタキサンチン 美白 クロロゲン酸 アルブチン 血中コレステロール フィシン 善玉コレステロール オリーブ油 老化予防 ビタミンE とうもろこし オレイン酸 BCAA 夏バテ 浮腫み 白桃 カリウム MSG グルタミン酸ナトリウム 甘味料 発がん性 アスパルテーム β-カロテン モロヘイヤ 筋肉量 食事改善
アーカイブ
資料請求(無料) メルマガ登録(無料)