ご質問にお答えします~オリゴ糖の摂り方とは?

オリゴ糖の効果と摂取方法

本日は、先週お送りした内容について、
「オリゴ糖はどのようにとればいいいですか?」というご質問をいただきましたので、
この内容についてお伝えしたいと思います。

オリゴ糖は、主に少糖類と言われるもので、2個から数個の糖質からできています。(オリゴ糖の厳格な定義は実はありません。)

種類としては、砂糖の主成分であるスクロース、甘酒や麦芽に含まれるマルトース、牛乳や母乳に含まれるマルトース、
その他、トレハロース、ラフィノース
といったものがあります。

特徴は、整腸作用や腸内細菌を増やす作用があることです。
またオリゴ糖の種類によって程度は違いますが、ほんのりとした甘みがあります。

具体的な働きは、

・便秘の改善、腸内環境改善、また、腸内環境が改善することでおならの臭いが少なくなる
・ミネラルの吸収促進
・脂質代謝の改善(血中コレステロール値の低下)

などです。

ビフィズス菌や乳酸菌は、腸内細菌の菌そのものを摂取しますが、オリゴ糖をとることは、
腸内細菌のエサになることで、からだに良い働きをする腸内細菌を増やす
ことにつながります。

では、このオリゴ糖、どうやってとればいいのか?ということですが、
オリゴ糖は、バナナ、玉ねぎ、大豆、アスパラ、牛乳、味噌、トマト、ごぼう、はちみつなどさまざまな食品に含まれます。

こうして見ると、乳製品以外は、植物性の食品ですので、こうした食品を普段から食べるようにするとよいでしょう。

とは言え、これらの食品を通常食べる量からとれるオリゴ糖は、そんなに多くはありません。
もし、便秘の改善などをしたい場合は、オリゴ糖自体を摂りれてみるのもよいでしょう。

オリゴ糖は、さまざまなメーカーから液体タイプのものや、粉タイプのものが販売されています。
1日の摂取量の目安などを確認の上、適切な量を砂糖の代わりに使うことができます。
ほんのりとした甘みを生かして、飲み物やヨーグルトなどに混ぜて食べるのが手軽でおすすめです。

オリゴ糖を適量とることで、良い腸内細菌を増やして、すっきりお通じを目指せるとうれしいですね♪



=============================

栄養学の基礎がしっかりと学べて、家庭や職場で役立つ正しい知識が身につく「栄養検定【通信・WEB講座】」の受講もオススメです。

栄養検定【通信・WEB講座】はこちら

日本栄養検定協会では
毎週月曜日、午前8時に栄養や食についての情報を発信中です♪
ご登録いただけましたら、毎週じっくりとお楽しみいただけます^^

こちらからご登録くださいね!

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録は
こちら

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録はこちら

=============================

タグクラウド
ビタミン 抗酸化作用 ミネラル 食物繊維 腸内環境 ポリフェノール ダイエット 疲労回復 たんぱく質 糖質 コレステロール カルシウム アミノ酸 炭水化物 タンパク質 ビタミンC クエン酸 認知症予防 オートファジー 血糖値 亜鉛 お酒 エネルギー オリゴ糖 腸内細菌 不飽和脂肪酸 黒酢 食品添加物 アスパラギン酸 DHA 葉酸 ほうれん草 レスベラトロール いちじく 生活習慣病 EPA カロリー 果物 ケルセチン ブロッコリー 高血圧 熱中症 バランス アルコール 野菜 脂質 牡蠣 整腸作用 ニガウリ ゴーヤ うまみ みりん らっきょう 5月病 野菜スープ おにぎり うなぎ ブルーベリー トマト 新玉ねぎ 果糖 玉ねぎ カレー ぶどう イモ りんご 抗酸化 スープ 手作り料理 シークワーサー お正月 黒豆 青魚 ピーマン オメガ3 冷え性 アスパラガス スイカ ひじき ヨウ素 白菜 春野菜 デトックス ヨーグルト 貧血 副菜 大根 消化酵素 お弁当 人参 餃子 手作り 添加物 牛乳 豆乳 カニ 低カロリー 納豆 免疫 花粉症 ホタルイカ セカンドミール効果 豆腐 βカロテン ビフィズス菌 ウルトラプロセスフード 食事誘発性体熱産生 脂肪燃焼 単鎖脂肪酸 ごはん ヘスペリジン みかん レンコン 美肌 便秘予防 さつまいも ビタミンB12 スペルミジン 免疫活性 しめじ レジスタントスターチ 全粒粉 アスタキサンチン 美白 クロロゲン酸 アルブチン 血中コレステロール フィシン 善玉コレステロール β-グルカン オリーブ油 不老長寿 PFC シナモン クマリン 紅麹 食品表示 無添加 菜の花 アブラナ科 さやえんどう グリーンピース レモン 発酵食品 飲酒 オリーブオイル ココナッツオイル きびなご サイリウム 指定野菜 スルフォラファン ガレット・デ・ロワ アーモンド セリ アミロペクチン 酵素 肥満 老化予防 オレイン酸 塩分 味噌汁 成長 プロテインドリンク プロテイン タウリン カレイ 抗炎症作用 サワラ ストレス緩和 タケノコ もやし 春キャベツ キクラゲ バナナ セロリ 海苔 いちご アンチエイジング ウロリチンA 動脈硬化 インフルエンザ 梅干し メタボ 味噌 ビタミンE サプリメント ナス 筋肉量 BCAA 夏バテ 浮腫み 白桃 カリウム MSG グルタミン酸ナトリウム 甘味料 発がん性 アスパルテーム 喘息 β-カロテン セルロース とうもろこし パイナップル シトルリン 老化防止 ポリアミン クルクミン 主食 食事のバランス 生姜 人工甘味料 モロヘイヤ 腸脳相関
アーカイブ
資料請求(無料) メルマガ登録(無料)