時間がない時や疲れた時におすすめ!バナナの栄養価ってどんなもの?

甘くて美味しいバナナ、太っちゃう…と思っていませんか?

3月も中旬に入り、何かと忙しい日々の方も多いかと思います。

そんな時、手軽にバナナを食べるという方も多いかもしれません。

というわけで、今回はバナナの栄養価がすごい!という話題についてお届けいたします。

バナナは、持ち運びしやすく、消化吸収しやすいのもおすすめポイントです。

バナナに期待できる働きとしては、

・疲労回復

・腸内環境の改善

・むくみの解消・改善

などです。具体的に見てみましょう。

バナナ1本の可食部は、約100gで、93kcalと意外とカロリーが少なめです。

利用可能炭水化物は、21.1g、食物繊維1.1g、たんぱく質1.1g、脂質0.2gと脂質が少なく、たんぱく質も少量ながら含まれています。炭水化物の種類は、ブドウ糖の他、果糖やショ糖、でんぷんがバランスよく含まれているのが特徴です。

また、ビタミンB1、B2、B6も含まれているため、炭水化物がエネルギーとして効率よく使われやすく、疲れた時のエネルギー補給に適しています。

バナナに含まれる食物繊維、オリゴ糖は、腸内環境の改善に役立ちます。

腸内環境の改善は、免疫機能にもよい影響があるとされているので、その点もよいですね。

バナナには、ミネラルも多く含まれていますが、中でもカリウムが多くむくみの解消・改善が期待できます。

他にもマグネシウム、鉄、亜鉛なども含まれていますので、からだのさまざまな機能の維持におおすすめの食品と言えます。

バナナは手軽に生で食べるのもおすすめですが、少し時間がある時は、少量のバターで焼いたバナナソテーも美味しそうですね。

減量しなきゃ、でも甘いものを食べたい!そんな時もカロリー控えめのバナナはおすすめです。

時間のない時、とりあえず、バナナ1本を食べて疲労回復をはかってみては、いかがでしょうか。



=============================

栄養学の基礎がしっかりと学べて、家庭や職場で役立つ正しい知識が身につく「栄養検定【通信・WEB講座】」の受講もオススメです。

栄養検定【通信・WEB講座】はこちら

日本栄養検定協会では
毎週月曜日、午前8時に栄養や食についての情報を発信中です♪
ご登録いただけましたら、毎週じっくりとお楽しみいただけます^^

こちらからご登録くださいね!

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録は
こちら

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録はこちら

=============================

アーカイブ
資料請求(無料) 検定を受験する