らっきょうって体にいいの?

らっきょうを味方に、夏を乗り切ろう!

6月といえば、らっきょうの季節!
スーパーなどでも生のらっきょうを見かけるようになりました。

らっきょうは、カレーを食べる時に甘酢漬けを食べるくらいで普段はほとんど食べない。。。という方も多いのではないでしょうか。

でも、らっきょうにはしっかりと栄養成分や機能性成分が含まれていますよ。

どんな成分が含まれているのか、見てみましょう。

栄養素としては、食物繊維、ビタミンC、ビタミンB群、鉄などが多く含まれています。
市販の甘酢漬けには、ビタミンB群はほぼ含まれていませんが、鉄の含有割合は多くなっています。

生で食べるとビタミンB群も摂取できます。

ビタミンB群は、ビタミンB1が糖質の代謝、B2は糖質、脂質、たんぱく質の代謝、B6はたんぱく質の代謝に必要です。
特にビタミンB1が不足すると、エネルギーを作り出せず、疲れの原因になります。

また、食物繊維も多いので、整腸作用も期待できますね。
鉄は不足しがちなミネラル。
旬のらっきょうを取り入れることで鉄の摂取も期待できます。

機能性成分としては、硫化アリルが含まれ、らっきょうの独特の香りとなっています。
硫化アリルは、ビタミンB1の働きを持続するとされており、疲労回復や夏バテ予防に役立つと考えられます。
また、抗酸化作用もありますので、らっきょうを積極的に取り入れたいところです。

生のらっきょうは、かなり刺激が強いため、一般的には甘酢に漬けるなどして食べます。
また、さっと茹でて千切りにし、サラダなどに加えたり、生を薄切りにして豚肉などと一緒に炒めても美味しくいただけます。
甘酢に漬けたものを細かく切って、マヨネーズに加えると即席にタルタルソースにも!
是非、試してみてくださいね。

お酒のおつまみとして時々みかける生のエシャレットもらっきょうの一種です。
味噌などをつけて食べるのもおすすめです。

ちょっと疲れたなあ。。。と思ったら、らっきょうを取り入れてみてはいかがでしょうか。



=============================

栄養学の基礎がしっかりと学べて、家庭や職場で役立つ正しい知識が身につく「栄養検定【通信・WEB講座】」の受講もオススメです。

栄養検定【通信・WEB講座】はこちら

日本栄養検定協会では
毎週月曜日、午前8時に栄養や食についての情報を発信中です♪
ご登録いただけましたら、毎週じっくりとお楽しみいただけます^^

こちらからご登録くださいね!

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録は
こちら

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録はこちら

=============================

タグクラウド
ビタミン 抗酸化作用 ミネラル ダイエット 腸内環境 ポリフェノール 疲労回復 食物繊維 糖質 カルシウム たんぱく質 認知症予防 ほうれん草 炭水化物 野菜 亜鉛 バランス 葉酸 お酒 エネルギー 高血圧 コレステロール 熱中症 果物 牛乳 豆乳 カニ 低カロリー 牡蠣 納豆 免疫 花粉症 ホタルイカ セカンドミール効果 豆腐 アスパラガス アミノ酸 お弁当 オメガ3 青魚 脂質 添加物 血糖値 手作り βカロテン スイカ ブロッコリー ひじき ヨウ素 白菜 春野菜 餃子 新玉ねぎ 貧血 アルコール 副菜 大根 消化酵素 人参 冷え性 デトックス カロリー ブルーベリー メタボ 梅干し インフルエンザ 動脈硬化 ウロリチンA アンチエイジング いちご 海苔 セロリ オートファジー バナナ キクラゲ 味噌 春キャベツ ウルトラプロセスフード タケノコ サワラ DHA EPA 抗炎症作用 カレイ タウリン プロテインドリンク 成長 味噌汁 塩分 もやし アスパラギン酸 サプリメント 喘息 ストレス緩和 トマト 肥満 ヨーグルト 5月病 おにぎり 野菜スープ 果糖 らっきょう 整腸作用 みりん うまみ ゴーヤ ニガウリ うなぎ ケルセチン 玉ねぎ ピーマン ビフィズス菌 いちじく カレー ぶどう レスベラトロール イモ りんご スープ 手作り料理 シークワーサー お正月 黒豆 生活習慣病 ナス
アーカイブ
資料請求(無料) メルマガ登録(無料)