旬のホタルイカを食べよう!ホタルイカがおすすめの理由とは

美味しく食べるためには、下処理が必要です!

ホタルイカが旬ですね。 

好きな人は、スーパーで見かけると「あー春だなあ💛」と嬉しくなると思いますが、一方で、どれどうやって食べるの?と素通りしてしまう人も多いかもしれません。

でも、実はホタルイカは、ぜひ食べていただきたいとても栄養豊富でおすすめの食材なんです。
どんな栄養素が含まれているのか見てみましょう。

ビタミンでは、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12が豊富に含まれています。
ホタルイカ100gに含まれるビタミンA(レチノール活性当量)は、1900µgで1日の成人男性の推奨量900µg、成人女性の推奨量700µgを上回っています。
50gほどのホタルイカで十分、ビタミンAの1日の推奨量が摂れてしまいます。

ビタミンAは、目の健康を維持したり、皮膚や粘膜を健康に保つのに必要なビタミンです。
皮膚や粘膜をしっかり維持することは、美肌や免疫の機能を強化することにつながりますので、しっかり摂取したいですね。

ビタミンB1、B2は、成人の1日あたりの推奨量の20~25%ほどを100gで摂取することができます。
ビタミンB1、B2は、糖質や脂質の代謝に必要なビタミンで、不足すると食べた糖質や脂質を使い切ることができずに、疲れやすくなったり、エネルギーとして使われずに体脂肪として蓄積されてしまうことになります。
疲労の回復のためにも、ぜひ旬のホタルイカを取り入れたいところです。

ビタミンB12は、主に動物性の食品に含まれ、日ごろ植物性の食品だけを食べる方は、不足することが分かっているビタミンです。
ビタミンB12は、血液をつくる時に必要なビタミンであり、神経機能を維持する働きがあります。
ビタミンB12が不足すると悪性貧血や抹消神経障害が起こることが知られていますから、しっかり摂る必要があります。

なんと、ホタルイカ20gで男女共にビタミンB12の1日あたりの推奨量をとることができます。

また、鉄、亜鉛、銅といったミネラルが豊富です。
鉄、亜鉛は不足しがちな人が多いミネラルです。
ホタルイカ100gで鉄は、成人に必要な量の女性で約10%、男性で約15%摂取することができます。

このようなさまざまなビタミン、ミネラルが豊富に含まれるホタルイカは、ぜひ食べていただきたい食材ですね。

ですが、食べなれていないとどうやって食べたらいいの?面倒くさい。。。と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
通常、流通しているものは、すでに茹でられたものですので、そのまま和え物などにして食べることができます。

ただし、美味しく食べるためには、少々面倒ですが、下処理が必要です。
まず、目の部分をしっかりと取り除いてください。
目の部分は食べると固く残り、食感も悪いですし、目の周りにある黒い部分が臭みの原因になりやすいためです。
取り除く時は、目とその周りの黒い部分を骨抜きや手でつまんで取り除きます。
また、大きいものは、からだの中にある筋(軟骨、ホタルイカの上の部分から引き出す)や足の付け根にある口も取り除くと美味しくいただくことができます。

食べ方は、からし酢味噌で和えたり、バターで炒めても美味しいです。
また、ガーリックオイルでアヒージョにしたり、パスタと絡めても美味しいですね♪
アヒージョにするときは、ホタルイカを常温の油と共に鍋に入れてから加熱をはじめると油はねしずらいです。

今が旬で栄養素がいっぱいのホタルイカをぜひ、楽しんでみてくださいね。



=============================

栄養学の基礎がしっかりと学べて、家庭や職場で役立つ正しい知識が身につく「栄養検定【通信・WEB講座】」の受講もオススメです。

栄養検定【通信・WEB講座】はこちら

日本栄養検定協会では
毎週月曜日、午前8時に栄養や食についての情報を発信中です♪
ご登録いただけましたら、毎週じっくりとお楽しみいただけます^^

こちらからご登録くださいね!

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録は
こちら

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録はこちら

=============================

タグクラウド
ビタミン 抗酸化作用 ミネラル 食物繊維 腸内環境 ポリフェノール ダイエット 疲労回復 たんぱく質 コレステロール カルシウム 糖質 アミノ酸 炭水化物 タンパク質 ビタミンC クエン酸 オートファジー 認知症予防 血糖値 亜鉛 お酒 エネルギー 果物 レスベラトロール ほうれん草 葉酸 DHA アスパラギン酸 黒酢 いちじく 不飽和脂肪酸 腸内細菌 オリゴ糖 食品添加物 生活習慣病 EPA カロリー ブロッコリー ケルセチン 高血圧 アルコール バランス βカロテン 熱中症 野菜 脂質 牡蠣 ゴーヤ ピーマン 玉ねぎ うなぎ ニガウリ うまみ 野菜スープ 整腸作用 らっきょう 果糖 おにぎり 5月病 ブルーベリー みりん りんご ぶどう イモ 抗酸化 スープ 手作り料理 シークワーサー お正月 黒豆 ヨーグルト ビフィズス菌 肥満 ウルトラプロセスフード トマト カレー 新玉ねぎ 貧血 オメガ3 スイカ ひじき ヨウ素 白菜 春野菜 デトックス メタボ 副菜 大根 消化酵素 青魚 人参 手作り 添加物 牛乳 豆乳 カニ 低カロリー 納豆 免疫 花粉症 ホタルイカ セカンドミール効果 豆腐 アスパラガス お弁当 餃子 冷え性 梅干し 動脈硬化 ガレット・デ・ロワ アーモンド セリ アミロペクチン レモン 不老長寿 スペルミジン 食事誘発性体熱産生 脂肪燃焼 単鎖脂肪酸 ごはん スルフォラファン ヘスペリジン レンコン 美肌 便秘予防 さつまいも ビタミンB12 免疫活性 β-グルカン しめじ レジスタントスターチ 全粒粉 アスタキサンチン みかん 美白 指定野菜 きびなご サルコペニア シソ 甘味 果糖ブドウ糖液糖 糖質制限 ケトジェニック 心疾患 朝食 腸脳相関 PFC シナモン クマリン サイリウム 紅麹 食品表示 無添加 菜の花 アブラナ科 さやえんどう グリーンピース 発酵食品 酵素 飲酒 オリーブオイル ココナッツオイル インフルエンザ クロロゲン酸 血中コレステロール 人工甘味料 ナス 喘息 サプリメント もやし 塩分 味噌汁 成長 プロテインドリンク プロテイン タウリン カレイ 生姜 抗炎症作用 ストレス緩和 タケノコ 春キャベツ 味噌 キクラゲ バナナ セロリ 海苔 いちご アンチエイジング ウロリチンA サワラ アルブチン 食事のバランス クルクミン フィシン 善玉コレステロール オリーブ油 老化予防 ビタミンE オレイン酸 筋肉量 BCAA 夏バテ 浮腫み 白桃 カリウム 主食 MSG 甘味料 発がん性 アスパルテーム β-カロテン モロヘイヤ セルロース とうもろこし パイナップル シトルリン 老化防止 ポリアミン グルタミン酸ナトリウム フレイル
アーカイブ
資料請求(無料) メルマガ登録(無料)