ピーマン1.5 個で1日に必要なビタミンCが摂れるってほんと?

ビタミンCの含有量は、代表格のレモンより多い!!

どこのスーパーでも必ず売っているポピュラーな野菜のひとつ、ピーマン。
青臭い香りが苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、抗酸化に働く栄養素がたっぷり含まれています。

冒頭のビタミンCの量ですが、100gに含まれるビタミンCの量は、75mg。

1日のビタミンCの推奨量は、成人の場合で男女ともに100mg。
ピーマン1個の可食部は、だいたい40~50gほどなので、1.5個分のピーマンを食べると1日に必要なビタミンCの量は十分にとれる、ということになります。

ちなみに、レモン果汁100gに含まれるビタミンCは、50mgなので、レモンより青ピーマンの方がビタミンCの含まれる量が多いのです。
すごいですね!

また、β-カロテンや葉酸も含まれています。
赤ピーマン(パプリカ)に含まれるビタミンCは、さらに多く、100gあたり170mg、黄色で150mgと青ピーマンの3倍以上も含まれています

特に、パプリカに含まれるビタミンCは、加熱に強いため、加熱調理をしてもたっぷりとビタミンCをとることができます

ビタミンCは、抗酸化の働きがあり、鉄の吸収を促進させ、皮膚や骨に含まれるコラーゲンの生成に必要な栄養素です。
また、ストレスがかかった時には、多くのビタミンCを消費するため、しっかりと摂取する必要があります。
多くの動物は、体内でビタミンCを合成することができますが、ヒトやサルなど一部の動物は、ビタミンCを体内で合成できないため、必ず食品から摂取する必要があります。

ピーマンは、薄切りにして生のままでも食べることができますし、電子レンジで加熱して、シラスと和えたり、フライパンで炒める、魚焼きグリルで丸ごと焼く、など簡単な調理で美味しく食べることができます。
値段が安いのも嬉しいポイントですね。

いつもの食事にぜひ、ピーマンを取り入れてビタミンCをたっぷり補給しましょう♪

=============================

日本栄養検定協会では
毎週月曜日、午前8時に栄養や食についての情報を発信中です♪
ご登録いただけましたら、毎週じっくりとお楽しみいただけます^^

こちらからご登録くださいね!

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録は
こちら

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録はこちら

=============================

アーカイブ
資料請求(無料) 検定を受験する