なぜ、果糖ブドウ糖液糖は良くないと言われるのか

果物との違いと賢い甘味料の選び方

本日は、果糖ブドウ糖液糖について見てみたいと思います。

果糖ブドウ糖液糖は、異性果糖と言われるもので、果糖の含有率が50%未満のものを
「ブドウ糖果糖液糖」、50%以上90%未満のものを「果糖ブドウ糖液糖」といいます。

特に、果糖が55%のものは、砂糖とほぼ同じ甘さで費用が安いことや、
とうもろこしなど手に入りやすい穀物から作り出すことができることから、
1970年代ころから爆発的に利用される量が増えてきました。

低温で甘味が強くなる特徴があること、砂糖よりも保湿性が確保されやすい、
砂糖よりも微生物が生育しにくく品質保持に役立つ、虫歯になりにくいなどとされたこともあり、
ジュース、炭酸飲料、ガムシロップ、アイスクリーム、菓子パン、佃煮など、非常に多くの食品に利用されています。

果物は体に良いとされているのに、果糖が多く含まれる「果糖ブドウ糖液糖」は、
食べ過ぎないようにしましょうなどと言われるのは、なぜなのでしょうか。

その理由は、果糖(フルクトース)の吸収・代謝の性質を理解する必要があります。

果糖そのものは、食べると小腸で吸収されますが、その一部は、ブドウ糖(グルコース)に
変換され、残りは果糖のまま吸収されます。

ブドウ糖は、細胞に吸収され利用される際に、インスリンの作用が必要ですが、
果糖はインスリンの働きには影響を受けません。

ブドウ糖は、すべての細胞でエネルギー源として利用することができますが、
果糖は、まず肝臓で代謝されてからでなければ、細胞で利用できない
とされています。

果糖は、吸収されるとすぐに肝臓に取り込まれて代謝されます。
そのため、大量の果糖の摂取は肝臓に負荷がかかり、結果として高尿酸血症(痛風)や
脂肪肝の原因となる中性脂肪の合成を促進することになります。

血液中に中性脂肪が多くなることは、肥満の原因にもなります。

では、果物もとらない方がよいのでしょうか。

果物は、果糖ブドウ糖液糖と同じように考える必要はありません。
理由は、果物そのものに食物繊維が含まれるため、小腸での吸収に時間がかかりゆっくり吸収されることや、
果糖以外のビタミンやミネラル、フィトケミカルの摂取に役立ちます。

そのため、果物そのものを適量食べることは、からだには非常に有益なことなのです。

ちなみに果糖(フルクトース)は、ブドウ糖に比べて老化物質(AGEs)の原因となる糖化反応を起こしやすいことでも知られています。

そのため、さまざまな食品に含まれ、知らずしらずのうちにとってしまいがちな果糖ブドウ糖液糖には、
注意が必要なのです。

では、砂糖と果糖ぶとう糖液糖どちらがよいのか?と考えてみると、
砂糖は、小腸でブドウ糖と果糖に分解されてから吸収されます。

つまり、果糖ブドウ糖液糖よりも吸収に時間がかかります。
そういった意味では、どちらか、と言われれば、砂糖の方が体には優しいと言えるでしょう。
ただし、取り過ぎはいずれにしても良くないでしょう。

美味しさを提供してくれる甘味ではありますが、食べ過ぎは厳禁。
特に、果糖ブドウ糖液糖などは、意外なところに広範囲に使用されています。

原材料を確認して取り過ぎないように注意したいところです。



=============================

栄養学の基礎がしっかりと学べて、家庭や職場で役立つ正しい知識が身につく「栄養検定【通信・WEB講座】」の受講もオススメです。

栄養検定【通信・WEB講座】はこちら

日本栄養検定協会では
毎週月曜日、午前8時に栄養や食についての情報を発信中です♪
ご登録いただけましたら、毎週じっくりとお楽しみいただけます^^

こちらからご登録くださいね!

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録は
こちら

栄養に関する情報や、協会からのご連絡が届く公式LINEの登録はこちら

=============================

タグクラウド
ビタミン 抗酸化作用 ミネラル 食物繊維 腸内環境 ポリフェノール ダイエット 疲労回復 たんぱく質 コレステロール カルシウム 糖質 アミノ酸 炭水化物 タンパク質 ビタミンC クエン酸 オートファジー 認知症予防 血糖値 亜鉛 お酒 エネルギー 果物 レスベラトロール ほうれん草 葉酸 DHA アスパラギン酸 黒酢 いちじく 不飽和脂肪酸 腸内細菌 オリゴ糖 食品添加物 生活習慣病 EPA カロリー ブロッコリー ケルセチン 高血圧 アルコール バランス βカロテン 熱中症 野菜 脂質 牡蠣 ゴーヤ ピーマン 玉ねぎ うなぎ ニガウリ うまみ 野菜スープ 整腸作用 らっきょう 果糖 おにぎり 5月病 ブルーベリー みりん りんご ぶどう イモ 抗酸化 スープ 手作り料理 シークワーサー お正月 黒豆 ヨーグルト ビフィズス菌 肥満 ウルトラプロセスフード トマト カレー 新玉ねぎ 貧血 オメガ3 スイカ ひじき ヨウ素 白菜 春野菜 デトックス メタボ 副菜 大根 消化酵素 青魚 人参 手作り 添加物 牛乳 豆乳 カニ 低カロリー 納豆 免疫 花粉症 ホタルイカ セカンドミール効果 豆腐 アスパラガス お弁当 餃子 冷え性 梅干し 動脈硬化 ガレット・デ・ロワ アーモンド セリ アミロペクチン レモン 不老長寿 スペルミジン 食事誘発性体熱産生 脂肪燃焼 単鎖脂肪酸 ごはん スルフォラファン ヘスペリジン レンコン 美肌 便秘予防 さつまいも ビタミンB12 免疫活性 β-グルカン しめじ レジスタントスターチ 全粒粉 アスタキサンチン みかん 美白 指定野菜 きびなご サルコペニア シソ 甘味 果糖ブドウ糖液糖 糖質制限 ケトジェニック 心疾患 朝食 腸脳相関 PFC シナモン クマリン サイリウム 紅麹 食品表示 無添加 菜の花 アブラナ科 さやえんどう グリーンピース 発酵食品 酵素 飲酒 オリーブオイル ココナッツオイル インフルエンザ クロロゲン酸 血中コレステロール 人工甘味料 ナス 喘息 サプリメント もやし 塩分 味噌汁 成長 プロテインドリンク プロテイン タウリン カレイ 生姜 抗炎症作用 ストレス緩和 タケノコ 春キャベツ 味噌 キクラゲ バナナ セロリ 海苔 いちご アンチエイジング ウロリチンA サワラ アルブチン 食事のバランス クルクミン フィシン 善玉コレステロール オリーブ油 老化予防 ビタミンE オレイン酸 筋肉量 BCAA 夏バテ 浮腫み 白桃 カリウム 主食 MSG 甘味料 発がん性 アスパルテーム β-カロテン モロヘイヤ セルロース とうもろこし パイナップル シトルリン 老化防止 ポリアミン グルタミン酸ナトリウム フレイル
アーカイブ
資料請求(無料) メルマガ登録(無料)