本講座で身につく力が活かせる職種例
調理師/フードコーディネーター/クッキングインストラクター/クッキングアドバイザー/食品開発コーディネーター/料理研究家/シェフ/フードライター/介護職/保育職/看護職/ジムトレーナー/食品関係営業職・企画開発職/家政婦

本講座で学ぶ栄養学の知識は
家庭から職場まで、様々な場面で活用できます。

毎日の食事づくりに

 育ち盛りの子どもからお年寄りまで、年代に合わせた必要な栄養素が理解できるようになります。

就職や営業活動に

 栄養検定の資格を履歴書や名刺に記載することで、お仕事の可能性が広がります。

仕事のスキルアップに

 食品、メディア、医療、介護など様々な職場の方が、学んだ知識をお仕事の現場で役立てています。

生活習慣病の予防に

栄養に関する情報を正しく理解することで、毎日の食生活の改善に役立てることができます。

独学よりも断然身につく

通信講座の6つの特長

本講座なら・・・
栄養学の基礎を本格的に学べます
大学や専門学校で学ぶ栄養学の基礎的内容を、自宅にいながら通信講座で。
学術的に正しい知識を学ぶことで、普段の食生活から仕事まで、習得した力を様々な場面で活用することができます。

体験版のご案内

通信教育を始めてみたいけれど、続けられるか不安。。。
興味はあるので、ひとまず内容を見てみたい。。。

そんな方は、是非【体験版】をご利用ください。
体験版では、テキストと問題集2回分、調味料の食塩一覧表、2回分の質問用紙、2回分の返信用封筒をお送りいたします。
テキストと問題集を見て、どんな内容をどのように学ぶのかを体感することができます。
栄養検定入門認定試験を目指す方は、そのまま【継続版】にお進みいただくことができます。
【体験版でお送りする内容】  
 栄養検定公式テキスト、2回分の問題集、返信用封筒2枚(郵便費用はかかりません。)、調味料の食塩一覧表、2回分の質問用紙

【継続版でお送りする内容】
 3回分の問題集、返信用封筒4枚(郵便費用はかかりません。)、レシピ集、「片手ですり切れる計量スプーン」1セット 、栄養検定入門試験認定問題と解答用シート  
 ※問題集をすべてご提出いただいた時点で「栄養検定通信教育修了証」をお送りします。  
 ※栄養検定入門試験に合格された方には、認定カードをお送りいたします。(追加料金なし)

受講者の声

栄養士レベルの内容を学べるということで、受講しました。内容は、まさに教科書。栄養学をきちんと学びたい人には、おすすめですね。巷で言われている栄養や健康関連の情報の根拠や考え方を理解できるようになりました。食や医療関係の仕事をしている人は、知っていた方がよいと思います。(Iさん 男性 50代)
仕事で栄養に関する知識が必要だな、と思っていましたが、なかなか勉強する機会がありませんでした。通信教育で体系的に学ぶことができて良かったです。やはり、基本をしっかり学んでいることで自信を持つことができました。(Yさん 女性 40代)
食品関係の営業をしています。栄養学の基本を学ぶことでお客様に分かりやすく商品の良さを伝えることができるようになりました。これから検定(初級)も受験したいと思います。(Mさん 女性 30代)
学校の勉強の補助として受講しました。レシピ集もついていて良かったです。検定の初級も受験して、専門の知識と合わせて就職に役立てたいと思います。(Kさん 女性 20代)
栄養や食事についてのTVなどの情報を自分なりに考えたり、判断することができるようになったと思います。知っているつもりでも、実際にはよく知らなかったことなどが多く、とても勉強になりました。添削でしっかり見ていただけるのも安心感がありました。(Nさん 女性 50代)
栄養学をきちんと学びたいと思っていましたが、栄養士になりたいというわけではなかったので、学ぶチャンスがありませんでした。きちんと勉強できてよかったです。(Tさん 男性 40代)

栄養学の基礎を学び、健康的な食生活を

 毎日、健康的な食生活を励行していれば、健康寿命の延伸にもつながります。そのためには栄養学の基礎を知ることは大変重要です。食品の持つ栄養素や、身体での消化・吸収の仕組みなどを学び、知識を深めることで、さらに健康な生活を送ることができ、また、家族の方々の健康維持・増進に寄与することができます。
 栄養検定通信教育講座を受講することで、栄養学の基本を身につける方が一人でも増えることを願っております。
一般社団法人日本栄養検定協会顧問
  宗像 伸子
プロフィール
管理栄養士。東京家政学院大学客員教授。山王病院、半蔵門病院に長年勤務し、現在は帝国ホテルクリニック栄養コンサルタントを務める。1994年(財)国民栄養協会「有本邦太郎賞」を受賞。著書には、「メタボリック症候群は野菜パワーで治す」(講談社)「生活習慣病のメニュー 1200キロカロリーの献立」(NHK出版)など他多数

講座の概要とお届け内容

本講座は、テキストを読みながら課題問題集を解いて進めていただきます。
課題を解くことでテキストの内容を無理なく習得し、提出いただいた課題は丁寧に添削してお返しいたします。

講座の概要

第1回:栄養とは何か、消化・吸収
栄養の概念、遺伝子と栄養、消化と吸収に関わる人体のしくみ、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン・ミネラルの消化・吸収の仕組みを学びます。

第2回:たんぱく質の働き、炭水化物の働き
たんぱく質と炭水化物について、その種類と働き、代謝のしくみ、他の栄養素との関連などを学びます。

第3回:脂質の働き、ビタミン、ミネラル
脂質とビタミン・ミネラルについて、その種類と働き、代謝のしくみ、欠乏と過剰の影響などについて学びます。

第4回:機能性成分、水と電解質の代謝、エネルギー代謝
食品における機能性成分の種類とその内容、水と電解質の代謝の機能、エネルギー代謝について学びます。

第5回:バランスのよい食べ方、ライフステージ別の栄養、生活習慣病と栄養
バランスのよい食べ方にはどのような考え方があるのか、保健機能食品、時間栄養学の他、妊娠・出産、授乳期から高齢期にいたるまでのライフステージ別の栄養についてその概要、生活習慣病と栄養とのかかわりについて学びます。

お届け内容

教材
テキストと課題問題集の2点を使って勉強を進めます。実際に計算をしたり考えて回答することで、実践的な力を身につけていただきます。わからないことがあれば、付属の質問票からご質問いただけます。

※添削課題は送料無料の返信用封筒で返送いただけます。

3つの特典
テキストで学んだことをご家庭で実践できるように、3つの特典を差し上げます。ぜひご活用ください。

1)便利な機能が大好評!

日本栄養検定協会オリジナル「片手ですり切れる計量スプーン”3本セット」(定価1,700円)

2)冷蔵庫に貼って毎日確認!

日本栄養検定協会オリジナル「調味料に含まれる食塩相当量一覧表」

3)栄養バランスが確認できる!

日本栄養検定協会オリジナル「バランスよく食べるためのレシピ集」

通信教育講座受講の流れ

通信教育講座の概要

  栄養学の基本を学ぶコース
受講期間

6か月

 

ただし、6か月で修了できなかった場合は、自動的に12か月まで延長いたします。12か月以上の延長はありません。

受講料(税込)

■一括払い:38,500円(税込)

■2回払い:19,250円(税込)×2回 合計:38,500円(税込)

■分割(カード)払い:初回4,620円(税込),2回目以降3,201円×11回 合計:39,831円(税込)

■体験版 (一括払いのみ):11,000円(税込)

お支払い方法 お申込み時に、以下のお支払い方法からお選びください。

 ■一括払い(指定口座へのお振込み)
  5営業日以内にお振込みをお願いいたします。
  【振り込み先】
楽天銀行 第二営業支店 (普)7483410
 

 ■2回払い(振込用紙によるお振込み)

    払込票到着後、払込票記載の期限までに、お近くのコンビニエンスストアでお支払いをお願いいたします。

 

 ■分割(カード)払い
  講座お申し込み後にメールでお送りする「講座費用お支払い手続きのご案内」をご確認いただき、お支払いカード情報のご登録をお願いいたします。