Original

事例の内容と効果的な数字を含めたタイトルをつけましょう

事例の内容が簡潔に分かるように効果的な数字を入れた見出しをつけましょう

このパートでは、読者に「私が見るべき事例だ」と判断してもらうために、事例で取り上げるお客様のプロフィール情報と得られた効果の概要を書きます。

このことにより、本文を読み進めてもらえる確率が高まります。

例えば、下記のような情報を盛り込みます。

・お客様の会社名

・お客様の事業内容

・お客様の事業規模

・お客様の写真

・お客様が得た成果

サービスを利用するきっかけとなった背景や課題を見出しに盛り込みましょう

このパートでは、お客様が抱えていた課題や導入の背景を書きましょう。

「私も同じ課題を抱えている」ことを気付かせてあげることで、「課題を解決できるのでは?」と期待を持っていただく効果を狙います。

例えば、下記のような情報を盛り込みます。

・お客様とサービスとの出会いのストーリー

・導入決定の背景

・取り組んで着るときの状態

・取り組み始めて出てきた変化

・取り組んでいる期間

サービスを利用(購入)すると決めたポイントを見出しに盛り込みます

このパートでは、サービスの購入や導入を迷っている人に向けて、実際にサービスを利用している人たちがどのような理由で購入を決断したのかを伝えることにより、具体的なイメージを持ってもらい、決断しやすい状況を作る効果を狙います。

例えば、下記のような情報を盛り込みます。

・なぜ、導入を決めたのか

・その結果、得られた効果はどのようなものか

サービスを利用した結果、ポジティブに変化した数字を見出しに盛り込みます

このパートでは、事例の最大のポイントである「サービスを利用(購入)して、どのような効果があったか」を伝える部分になります。ここが事例記事でもっとも重要なところになります。

例えば、「売上が前年比30%アップした」や「来店数が利用前と比べて150%になった」というような具体的な数字を挙げるが絶対条件で、これによりサービスの導入や購入を決断していただけるかどうかが決まるというようなイメージで書きます。

また、もう一つ大きな要素とし実際にお客様が語られた感想を書くようにします。

この記事の最終パートではあると分かるような見出しをつけましょう

このパートは、この記事の内容をまとめるパートです。

事例のポイントを簡潔にまとめ、読者が内容をおさらいできるようにすることで、より良い未来の状態をイメージしてもらう効果を狙います。そして、読者の次のアクションを促します。

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ