栄養素について勉強しよう

ミネラル

カルシウム

カルシウムの働き

  • 骨・歯の成分、血液の凝固、筋肉の収縮、神経刺激伝達、生体膜の物質透過、酵素作用の活性化

欠乏と過剰摂取

カルシウムが欠乏すると成長不良、くる病、骨粗しょう症、神経過敏、歯の軟弱化などの症状が出ます。
過剰に摂取した場合は、泌尿器系結石、ミルクアルカリ症候群となる場合があります。

リン

リンの働き

  • 骨・歯の成分、リン脂質・核酸・補酵素などの成分

欠乏と過剰摂取

リンが不足すると食欲不振、筋委縮となります。
過剰に摂取した場合は、高リン血症、副甲状腺機能が亢進します。

マグネシウム

マグネシウムの働き

  • 骨・歯の成分、筋肉の収縮、酵素作用の活性化、神経の興奮性を鎮める

欠乏と過剰摂取

マグネシウムが欠乏すると、痙攣が起きたり、神経の興奮性が高まることがあります。
過剰に摂取した場合は、下痢を起こすことがあります。

カリウム

カリウムの働き

  • 細胞内の主な陽イオン、体液の浸透圧の調節、高血圧の予防、筋肉機能を調節

欠乏と過剰摂取

カリウムが欠乏すると、筋力が低下し筋無力症になる場合がある他、腸・膀胱の麻痺が起こる場合があります。

ナトリウム

ナトリウムの働き

  • 細胞外液の主な陽イオン、体液の浸透圧の調節

欠乏と過剰摂取

ナトリウムが欠乏すると、胃酸の分泌が減少する、血圧が低下する、倦怠感が出るなどの症状が出る場合があります。
過剰に摂取すると高血圧や胃がんのリスクが高まります。

鉄の働き

  • ヘモグロビンの成分、酸化還元酵素の成分

欠乏と過剰摂取

鉄が欠乏すると、鉄欠乏性貧血になる、疲れやすいといった症状がでる場合があります。

亜鉛

亜鉛の働き

  • 酵素の補助因子、遺伝情報の伝達・発現、核酸・たんぱく質の合成

欠乏と過剰摂取

亜鉛が欠乏すると味覚異常や成長遅延、性機能障害が起こることが知られています。

銅の働き

  • ヘモグロビン合成、鉄の吸収促進、酸化酵素の補助となる

欠乏と過剰摂取

銅が欠乏すると、貧血、骨格異常、毛髪脱色が起こる場合があります。

ヨウ素

ヨウ素の働き

  • 甲状腺ホルモンの成分

欠乏と過剰摂取

ヨウ素が欠乏すると、甲状腺が肥大する、発育が止まるといった症状がでる場合があります。
過剰に摂取すると甲状腺機能低下症となったり、甲状腺腫となるリスクが高まります。

マンガン

マンガンの働き

  • 酵素の成分、酵素作用を活性化、骨の形成促進

欠乏と過剰摂取

マンガンが欠乏すると、骨の発育が低下する、運動失調が起こる場合があります。

セレン

セレンの働き

  • 抗酸化作用(グルタチオンペルオキシダーゼの成分として)

欠乏と過剰摂取

セレンが欠乏すると、心筋症、毛髪、爪の脆弱化と脱落が起こる場合があります。

モリブデン

モリブデンの働き

  • 酵素の成分

欠乏と過剰摂取

モリブデンが不足すると発育不全となる場合があります。

クロム

クロムの働き

  • 糖質・脂質代謝の保持

欠乏と過剰摂取

クロムが欠乏すると耐糖能が低下する場合があります。

このページをシェア

クイズにチャレンジ

ぷち栄養検定

  • ぷち栄養検定とは

    各コース毎に約100問の中からランダムで10問出題されます。

  • 初級コース

    初級コース
  • ダイエットコース

    ダイエットコース
  • 栄養検定とは

    栄養検定とは? 概要と開催日について
  • 栄養検定公式テキスト販売中

    栄養検定公式テキスト販売中!
  • 栄養検定通信教育講座

    栄養検定通信教育講座 栄養学の基本が学べる!
  • 四群点数法でヘルシーダイエット

    四群点数法でヘルシーダイエット
  • 栄養検定協会へのお問い合わせ

    栄養検定協会へのお問い合わせ